プチ整形 ヒアルロン酸とボトックス

プチ整形

ヒアルロン酸もボトックスも、どちらもしわのプチ整形に使われる治療方法です。一般的には、加齢によるしわにはヒアルロン酸が適していると言われています。ほうれい線や口角、肌の老化によるたるみ、鼻や唇、顎やこめかみなどの凹みの解消にも使えます。

これに対して、ボトックスは筋肉の動きによってできる表情じわを改善するのに適しています。眉間や額、目尻のしわなどに効果的です。そのほか、筋肉で太くなったエラのハリなどを落とすために使われることもあります。

どちらも10分程度の短時間で施術ができて、ダウンタイムが少ないのがメリットです。ボトックスの方は肌の老化によるたるみには効果が期待できないので、加齢じわはヒアルロン酸で解消したほうがいいです。

どちらを受けるにしても、定期的に注射しないと効果が保てないので、効果を持続させたいのであれば効果がなくなる前に注射してもらう必要があります。仕上がりは医師の腕によって変わるので、腕のいい医師に頼って治療を受けることが大切です。プチ整形はメスを使わないので安全で手軽と言われていますが、リスクがゼロではないので、ちゃんとリスクについても最初に教えてくれる医師だと安心です。